これからの銭湯は富士山の代わりに◯◯!

「SAVE THE 銭湯!」 とは?
このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイターや有識者たちと、
銭湯の新しい価値を模索する銭湯集団・日の出湯との対談で成り立つコンテンツ。
毎週水曜日(最終水曜日はお休み)に更新しています。

VOL.6 対談 GUEST

  • 村田星子
    (アートディレクター/セイデザイン株式会社 代表取締役)
  • X
  • 田村祐一
    (日の出湯経営者/SAVE THE 銭湯!主宰)

銭湯のもっている良さを重ねあげていく。

対談6 with 村田星子 WEEK1
これからの銭湯は富士山の代わりに◯◯!

本日の対談はアートディレクターで、セイデザイン株式会社代表取締役の村田星子さんにお話を伺いました。
アートディレクターが考える銭湯像とは?
今日の対談では、村田さんの新しい銭湯とのコラボレーションに迫ってみました。

銭湯の思い出といえば・・・。

田村祐一 (以下 田村):
本日はアートディレクターでセイデザイン株式会社代表取締役、村田星子さんをお迎えしての対談です。
こんにちは!

村田星子 (以下 村田):
こんにちは〜!

田村:
村田さんは銭湯は行ったことがありますか??
もし何か思い出があれば教えて下さい!

村田:
もちろんありますよ!
思い出は・・・、一昨年の震災の時は地元が断水してしまい、2週間ほど銭湯に通いましたね。

田村:
それは大変でしたね・・・。
その時の銭湯の様子はどんな感じだったんですか?

村田
ものすごい混んでましたよ!開いてるロッカーを探すのが大変なくらい。
常連さんのロッカーを使ってしまったみたいで、
おばちゃんが、

「私のロッカーが開いてない・・・」

と、言ってるのを聞いて 
ドキッとしてしまいました。(笑)
ランドリーも利用していたのですが、ランドリーも混んでいるなんてもんじゃありませんでした。

week1_1.png

結束力を高めに銭湯に行く!

田村:
あの時は大変でしたね・・・。
うちは断水とかなかったのですが、地下水が濁ってしまい大変でした。

村田さんは、どんなシーンで銭湯を利用したいと思いますか???

村田:
ランニングや駅伝のあとですね〜。

田村:
おお、いいですね!でも駅伝は初めて聞きました!
どうしてですか??

村田
みんなで走ったあとに、ドボーンとみんなで銭湯に入れば結束力が強まる気がするんですよ。

田村:
確かにそうですね、強まる気がします。

村田
やっぱり、いきなり銭湯に行こう!というのは、女性はちょっとハードルがある気がするんです。
でも、ランニングの後や、駅伝のあとだったら、あまり気にせずスッと入れる気もするんですよね。

田村
なるほど!
ちょっと高いハードルを、ランニングや駅伝という理由をつけてあげて
ハードルを下げるわけですね!!!
本当は入りたいけど、ちょっと躊躇してしまうという話はちょこちょこ耳にします。
ランニングや駅伝の後に1度入ってしまえば、それ以降も大丈夫かもしれませんね!
お風呂に入るのも、何か他の理由があると良いのかもしれませんね。

では、村田さんが考える銭湯とコラボしたら面白そうなものって何かありますか?

week1_2.png

銭湯でジンベイザメ!?

村田:
そうですね〜、水族館とかどうでしょうか?
あったらすごく綺麗だと思いますね。

田村:
水族館!!それはいいですね!
銭湯と言えば鯉が泳いでる池があったりもしますが、それをパワーアップさせる感じですね!

村田:
色とりどりののいろんな魚が泳いでいたらとても綺麗だと思います。
それを湯船に浸かりながら、眺められたら最高ですね〜。

田村:
いいですね〜。

村田:
熱帯魚とか、水草とか植えて、アクアリウムっぽく綺麗なのがいいですね。
あとは、エイとか泳いでたらいいですね(笑)

田村
湯船に浸かりながら、お魚鑑賞・・・。
そこにエイがいたらそれはすごい見ものですね!(笑)

村田
エイいいですよね(笑)
あとは・・・。
富士山の代わりにジンベイザメとかどうですか!?
形もなんとなく似てますし!

田村
富士山の代わりにジンベイザメが泳いでたら、凄いですね!!
形は確かに似ている気もしますが・・・。
というか、それ凄すぎますよ!!!(笑)

村田
あはは、そうですね。
でも、実際にあったら絶対に入ってみたいですよ!

田村
それは、僕も是非入りたいです(笑)

vol6week1_3.png

アートディレクター/セイデザイン株式会社代表取締役会 村田星子

企業のブランディング・ツール(webサイト・パンフレット・ロゴ制作・イラスト)をデザインする制作会社です。
トーン&マナーを守りつつ、効果的にプロモーションのお手伝いをさせていただきます。
女性のための起業家・経営者の「こう伝えたい」「こう思われたい」というおしゃべりにとことんつきあい、あなたに合った伝える技術をご提供します。

関連WEBサイト
SAY DESIGN Co Ltd. セイデザイン株式会社

「クワイエット・タイム」プレゼントのお知らせ

「SAVE THE 銭湯!」の感想、銭湯の未来を創るアイデアをメール、
または「SAVE THE 銭湯!」FACEBOOKページに送って頂いた方から、
毎月抽選で3名さまに、都内の銭湯で使える入浴券をプレゼント致します!
どしどし、感想、意見、アイデアを送ってくださいませ!
お待ちしております!
宛先: presents@savethe1010.com

田村 祐一

田村 祐一SAVE THE 銭湯!主催者

投稿者プロフィール

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

これまでのSAVETHE銭湯!

  1. 2016-10-26

    これからの銭湯

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイター…
  2. 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』

    2016-10-19

    「もう、終わるから」と1度は断られたロケ地「月の湯」との出会い

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイター…
  3. 2012-12-12

    スーパー銭湯と町の銭湯の差別化戦略

    「SAVE THE 銭湯!」 とは?このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイターや有識者…
  4. 2015-8-17

    日本に銭湯を残したい。SAVE THE 銭湯!を始めた理由

    銭湯を残さないといけない。 ぼくと初五郎爺ちゃんの出会いは、 妻のご家族に結婚のお願…
  5. 中野量太監督インタビュー

    2016-10-12

    どうしても銭湯を再開させたかった。~湯を沸かすほどの熱い愛~

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイター…
ページ上部へ戻る