飲み会をするなら銭湯で1次会を!

「SAVE THE 銭湯!」 とは?
このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイターや有識者たちと、
銭湯の新しい価値を模索する銭湯集団・日の出湯との対談で成り立つコンテンツ。
毎週水曜日(最終水曜日はお休み)に更新しています。

VOL.10 対談 GUEST

  • 佐藤 孝治
    (株式会社ジョブウェブ 代表取締役会長)
  • X
  • 田村祐一
    (日の出湯経営者/SAVE THE 銭湯!主宰)

銭湯でアイデアのブレイクスルーを!!

対談10 佐藤 孝治 with WEEK1
飲み会をするなら銭湯で1次会を!

今月の対談は株式会社ジョブウェブ代表取締役会長の佐藤孝治さんをお迎えしてお話を聞いてみました。
自他共に認める銭湯愛好家の佐藤さん。
本日は、そんな佐藤さんの銭湯の思い出、活用法をお伺いしてみました。

銭湯好きのルーツを探る。

田村祐一 (以下 田村):
本日は株式会社ジョブウェブ代表取締役会長の佐藤孝治さんをお招きしてお話を聞いてみたいと思います!
今日は宜しくお願い致します!

佐藤 孝治 (以下佐藤):
こんにちは!
よろしくおねがいします!

田村:
佐藤さんと言えば、「銭湯」というくらい、自他ともに認める銭湯好きで有名ですが、銭湯を好きになったきっかけや思い出ってありますか??

佐藤:
元々のルーツは子供の頃おばあちゃんが良く連れてってくたことですね。
同級生の女の子の実家が銭湯だったんですけど、行くとたまにいるんですよ、番台に(笑)

田村:
それありますねー!
僕も子供の頃ありました、佐藤さんとは逆パターンなんですけども。
微妙に気まずいんですよね(笑)

佐藤
そうなんですよ!「覗くなよ!?」なんていいながら入ったりして(笑)

田村:
あははは、そうそう、そうなんです(笑)
では、銭湯には子供の頃から良く行ってたんですか?

佐藤
いや〜、よく行くようになったのは起業して20代の中盤から後半にかけてですね。
当時ルームシェアをしていて、仕事が終わって夜になるとみんなで銭湯に繰り出しましたね。
今でも良く行くんですが、北区の「テルメ末広」さんに行ってましたよ!

田村:
仕事仲間と銭湯ですか!
いいですねー。やはり仕事の話で盛り上がったりするんですか??

佐藤
インターン生や仕事仲間とよくブレストしましたよ!
いいアイデアも良くでましたね〜。
でも、メモ取れないじゃないですか?
それで次の日には忘れちゃって、

「昨日、風呂でなんかいいアイデアでたよね?なんだっけ??」

みたいなことに良くなってましたね(笑)

week1_1

1次会は銭湯で!!

田村:
あはは、確かにお風呂場はメモできないですね、フニャフニャになっちゃって(笑)

以前佐藤さんは銭湯の面白い活用の仕方をしているという噂を聞いたんですが、どのように活用しているんですか??

佐藤
僕はですね、飲み会の1次会に銭湯を利用してるんですよ!

田村:
飲み会の1次会ですか???
なんでまた、銭湯で1次会を??

佐藤:
1次会を銭湯でやると、より仲良くなれるというか、深い関係になれる気がするんですよ。

田村:
深い関係ですか??

佐藤
ええ。いきなり居酒屋のテーブルを囲むよりも、並んでお湯につかりながら

「最近どうなの??」

なんて話をするほうが打ち解け安い気がするんですよ。
それに居酒屋さんを2件3件とハシゴするよりも、経済的にも健康的にもいいですからね!

田村:
なるほど!
たしかに1件目が銭湯だとものすごい経済的にも健康的にもいいですね!

佐藤
それに銭湯の後の居酒屋のほうが、絶対にビールがうまいです(笑)
1次会に銭湯へ行って2次会に居酒屋さんに行く。
このコースのほうが、話が弾む気がするんですよ。
なんでかな?なんて考えてたら、あることに気がついたんですよ!

田村:
それはなんですか???

佐藤:
お風呂に入ってから飲み会をするって、これって1泊2日の温泉旅行に似てませんか?

これって旅行の1シーンですよね?
それもかなり重要な!
だからこそより深い関係になれるし、話も弾むんじゃないでしょうか??

week1_2

銭湯は考え事をブレークスルーさせてくれる!!

田村:
確かに温泉旅行の1シーンですね!!
一番仲良くなるお風呂からの宴会というパターンが、1次会を銭湯ですることで代用できていますね。
これなら遠くの温泉まで行かなくても、都内でも楽しめますね!

他にはどんな時に銭湯を利用しますか??

佐藤:
そうですね・・・。銭湯は好きなので、どういうシーンでも行きたくなるんですよ。
隙あらば銭湯へ行く!みたいなところはあります。(笑)
強いて言うならば、一生懸命に仕事をした後ですね!

田村:
それはいいですね!
仕事後に疲れを癒やしにいくんですね??

佐藤:
そうですね。一生懸命仕事をして、汗をかいて
「いやぁ、これきっついなぁ〜」
って時に行って風呂に入って元気になるんですよ。
疲れた時こそ、思い出しますね。

「そうだ、銭湯があるじゃないか!」

田村:
疲れた時に大きいお風呂に浸かるのは最高に疲れが癒やされますよね。
世の中の頑張っているビジネスパーソンにもっと利用して貰いたいですよ!

佐藤:
ビジネスと言えば、提案書を書かなきゃ、アイデアを出さなきゃ、なんて時もよく利用しますね。
あとは本を書くときなんかも!
銭湯は考え事をブレークスルーさせるのに利用しているとも言えるかもしれません!

田村:
それはなぜですか??

佐藤:
考えがまとまったり、アイデアが出たりというのが銭湯である瞬間が多いんですよ。
広い空間でお湯に浸かっていると、考えが「シュッ」っとまとまったり、アイデアが湧いてくるんですよ。
あとは、サウナと水風呂を繰り返しローテーションしているときも突然考えがまとまったり、アイデアが湧いてきたりという瞬間がありますね!

田村:
確かにお風呂で突然アイデアが湧く瞬間ってありますね!!
その利用方法は素晴らしいです!!
どんどん世に広めていかないといけませんね!

week1_3

佐藤 孝治 (株式会社ジョブウェブ 代表取締役会長)

1972年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒。
就職活動後、大学4年生の96年10月ジョブウェブを創設。
97年7月アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。
99年10月ジョブウェブを法人化し代表取締役社長就任。
以後、学生の就職支援と企業の採用支援を通じて、 学生と企業の本音コミュニケーションをサポートしている。
2013年7月より代表取締役会長に就任。
著書に「<就活>廃止論(PHP出版)」「内定の原則(英治出版)」等。
公益財団法人日本ユースリーダー協会 常務理事
一般社団法人アスバシ教育基金 理事

関連WEBサイト
いつもの枠からはみ出た就職活動を『Jobweb』
BLOG<就活>廃止論ブログ
海外インターン、海外就職なら『AJITORA』
~もっと刺激的で、もっとオモシロイ毎日がアジアにある~

ぜひ「いいね!」を押してください。
社会で活躍したい学生のための有給インターンシップ『sfirm』

田村 祐一

田村 祐一SAVE THE 銭湯!主催者

投稿者プロフィール

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

これまでのSAVETHE銭湯!

  1. 2015-8-17

    日本に銭湯を残したい。SAVE THE 銭湯!を始めた理由

    銭湯を残さないといけない。 ぼくと初五郎爺ちゃんの出会いは、 妻のご家族に結婚のお願…
  2. hinodeyouTシャツ

    2016-10-5

    銭湯は街の司令塔!?

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイター…
  3. 2016-10-26

    これからの銭湯

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイター…
  4. 中島明さん

    2013-7-3

    学校じゃ教えてくれない「入浴道!」

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイ…
  5. 中野量太監督インタビュー

    2016-10-12

    どうしても銭湯を再開させたかった。~湯を沸かすほどの熱い愛~

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイター…
ページ上部へ戻る