すごはんまっす~
「SAVE THE 銭湯!」 とは?
このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイターや有識者たちと、
銭湯の新しい価値を模索する銭湯集団・日の出湯との対談で成り立つコンテンツ。
毎週水曜日(最終水曜日はお休み)に更新しています。

VOL.9 対談 GUEST

  • 増澤 美沙緒
    (すごはん代表/たのしごとを広める人・売れる手書きPOPの専門家)
  • X
  • 田村祐一
    (日の出湯経営者/SAVE THE 銭湯!主宰)

銭湯は距離が縮まり素直な心になれる場!

対談9 with 増澤 美沙緒 WEEK2
心配ご無用銭湯!?

前回の対談はこちら
今週の対談では、「すごはん」まっす〜なら銭湯をどう活用するか!?
について、迫ってみました。
たのしごとを広める人が、考える銭湯とは!?

地域活性化セミナーを銭湯で!

田村祐一 (以下 田村):
(先週からのつづき)
銭湯がコラボレーションしたら面白いものってなんだとおもいますか?

増澤 美沙緒 (以下増澤):
そうですね〜。
銭湯って心が開けて素直になれる場所なので、自己啓発セミナーとかどうでしょうか??

田村:
なるほど!素直になれる場所だからこそ、スッと入ってきそうですね!!

増澤:
セミナールームでスーツを着て参加するより効果的じゃないかな〜と思います!
身も心も熱くなって!(笑)

田村:
たしかに熱くなりそうですね!(笑)
増澤さんだったらどんなセミナーを開催したいですか??

増澤
私だったら・・・、商店街や街の小さな商店などの活性化セミナーをやってみたいですね!

田村:
活性化セミナーですか!!
それはいいですね、具体的にどんなのを??

増澤
商店街や街の小さな商店って近隣のお店をライバルのように思いがちですが、実はそうではなく、自分のお店の長所を見つけて、活かして、発信し続けていくことで、実はライバルではなく、強力なパートナーだということに気づくことができるんですよ。
さらに集客力も格段にアップできると思うんです!

田村:
なるほどー!
確かに街の商店や銭湯は近隣のお店とライバルという関係ではなく、パートナーだと気づいたほうがいいですよね!

増澤
そうなんです!!
例えば・・・AとBという銭湯があって、Aはお風呂の設備が自慢だけど、Bは女将さんの人柄が人気だとします。互いに良い所に気づかず、2件とも「単なる銭湯」をやっていたらお互いはライバルになってしまいますが、互いの長所を認識し合うことができれば、この2件はライバルではなく、良きパートナーになれますよね!

week2_1.png

家族会議も銭湯で!!

田村:
街の銭湯や小さな商店はお互いの力を高め合う存在にならないといけないですね!
個としてではなく、地域を盛り上げる存在として協力したほうが良いのかもしれませんね。

銭湯の入浴以外の存在価値ってなんだとおもいますか?

増澤
入浴以外の存在価値ですか?
そうですね・・・。
大人も子供も同じお風呂入った瞬間1つになれる感じですね!

田村:
1つになれる感じですか??
具体的に言うと?

増澤:
立場とか肩書とかそいうものを洋服と一緒に脱ぎ捨てられるから、変に自分の立場を
意識したり主張することがなく本音で話できるところですね。

田村:
なるほどー。
確かにお風呂での会話は本音になりやすい気がしますね。
今までの対談させていただいた方もそう仰ってました!

増澤
自分の立場を主張しないとなると、視野も広がるので相手に対しておもいやりの気持ちが生まれますよね!!
そうすると、本当の意味で誰にとっても良い話し合いができますよね!

田村:
誰にとっても良い話し合いができるというのは素晴らしいですね!

増澤
そんなお風呂効果を狙って、将来家庭をもったら家族会議は銭湯でしてみたいです!

田村
会社のミーティングや会議以上に、家族会議を銭湯でするのは効果あるかもしれませんね!
素晴らしいです!!!

week2_2.png

心配ご無用銭湯!?

田村:
増澤さんは、「銭湯ってもっとこうだったらいいのに!」とか、こだわりとかってありますか??

増澤:
そうですね〜、シャンプーやコンディショナーは気になりますね・・・。
髪を洗ってゴワゴワになったらテンションさがります(笑)

田村:
なるほど、たしかにそれはテンション下がりますね・・・。

増澤:
女性が銭湯に行く際、メイク落としやシャンプー、コンディショナー、化粧水・・・
この辺の持ち物が多いのが悩みなんですよ。
それが「銭湯へ行く」ことのハードルなんですよ〜。

田村:
確かに男性に比べれば、女性は圧倒的に荷物が多くなりますよね。
荷物をたくさん抱えて銭湯に行くというのはちょっと利用しずらいかもしれませんね!

増澤:
なので持ち物の心配を一切せず、思い立った時にカフェに入るような感覚で行けたら嬉しいですね!

田村:
カフェに入るような感覚で!!
その感じいいですね〜。
思い立った時にふらっと入れるのは魅力ですね!

増澤:
「女性の皆様、心配ご無用!メイク落としやコンディショナーなどなど、ばっちり揃っているので手ぶらではいれます!!」
そんな案内が店頭にあったら間違いなくフラッと寄っちゃいますね!

田村:
心配ご無用銭湯!!
いい感じですね!
そのためには銭湯も色々用意して、待っていることをアピールしないといけませんね!

week2_3.png

増澤 美沙緒 すごはん代表/売れる手書きPOPの専門家・たのしごとを広める人

すごはんは販売促進を通じていつもの仕事をワクワクでいっぱいの「たのしごと」に帰るお手伝いをしています!

関連WEBサイト
すごはん公式サイト
ブログ すごはんまっす〜のたのしごと販促日記
facebookPage

田村 祐一

田村 祐一SAVE THE 銭湯!主催者

投稿者プロフィール

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

これまでのSAVETHE銭湯!

  1. 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』

    2016-10-19

    「もう、終わるから」と1度は断られたロケ地「月の湯」との出会い

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイター…
  2. 2016-10-26

    これからの銭湯

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイター…
  3. 中野量太監督インタビュー

    2016-10-12

    どうしても銭湯を再開させたかった。~湯を沸かすほどの熱い愛~

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイター…
  4. 中島明さん

    2013-7-3

    学校じゃ教えてくれない「入浴道!」

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイ…
  5. hinodeyouTシャツ

    2016-10-5

    銭湯は街の司令塔!?

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイター…
ページ上部へ戻る