町の銭湯という強みを活かせ!

「SAVE THE 銭湯!」 とは?
このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイターや有識者たちと、
銭湯の新しい価値を模索する銭湯集団・日の出湯との対談で成り立つコンテンツ。
毎週水曜日(最終水曜日はお休み)に更新しています。

VOL.3 対談 GUEST

  • 山口浩司
    (相談できる「くすりやさん」/やまぐち薬局オーナー)
  • X
  • 田村祐一
    (日の出湯経営者/SAVE THE 銭湯!主宰)

銭湯はたんなるお風呂じゃない。
地域全体を支えていく、地域貢献型企業になれ。

対談1 with 山口浩司 WEEK2
町の銭湯という強みを活かせ!

この対談は前回からのつづきです(前回のページはこちら

相談できるくすり屋さん、やまぐち薬局オーナー山口浩司さんに銭湯という空間をどう利用をするのか?
今日の対談では具体的な話をお届けします。

スーパー銭湯との差別化戦略。

田村祐一 (以下 田村):
銭湯で社会問題が解決できてしまいますね!(前回からのつづき)
一方で、町の銭湯とスーパー銭湯はどう差別化していけば良いと思いますか?

山口:
差別化戦略ですね・・・。
村尾隆介さんもおっしゃっているように、お金をかけるのではなく、アイデアで行く事が重要だと思います。

田村:
なるほど。たしかにおっしゃってましたね!(Vol1Week3
それって具体的にどんなアイデアがありますか???

山口
そうですね・・・。
町の銭湯の強みを考えると、地域に溶け込んでいることだと思うので、
地域の絆つくりをしていく活動がいいんじゃないかと思います。
例えば、町内のお年寄り。
よく、病院の待合室が井戸端会議の場になってるなんて話ありますよね?
それって、お互いの家に行き来するのはちょっと気まずいから病院の待合室で井戸端会議してるんじゃないかって思うんですよ。

田村:
たしかに、家に遊びに行ったり来たりするのはちょっとハードルがありますね。

山口:
そこで銭湯を公民館的な役割で、みんなで集まる場所。集まれる場所にしてしまうのはどうでしょうか?
ちなみに、銭湯はオープン前は何をしてるんですか?

vol3week2_1x.png

開店前の脱衣場を町の社交場に。

田村:
開店前ですか?そうですね・・・。脱衣場に関して言えば掃除をするくらいでしょうか。
特に何もしていないですね。

山口
それでしたら、その開いている空間と時間を利用してみてはどうでしょうか!
ちょっとテーブルと椅子、お茶とポットだけ用意しておく。
それでみんなに、茶飲みタイムとして場所を提供する。
ちょっとした町の社交場ですね。

田村:
おお、いいですね。
そのかわり、楽しくお喋りしてお茶のんでゆっくりしたあとはお風呂に入ってねと!

山口
そう!(笑)
空間利用という観点からいろいろ他にもできると思います。
広い空間を利用して、ダンスレッスンなんてどうでしょう?

田村
ダンスいいですね!汗をかいたらそのままお風呂に入れるというのが素晴らしいですね!
銭湯との相性としてもピッタリだと思います!

山口:
他にもピラティスやヨガ・・・。天井も高いですし、オペラの練習とか。
いろんな応用がきくとおもいます。
やまぐち薬局では、空いているスペースをキッズスペースとして活用しています。

Vol3week2_2.png

銭湯業界のザビエルをつくれ!

田村:
営業前の空間を利用することで様々な可能性が見えてきましたね。
他にもコラボレーションしたら面白い企業や事業などないでしょうか?

山口:
僕は英会話教室なんて面白いんじゃないかと思うんです。

田村:
英会話ですか!それはまた新しい試みですね!

山口:
銭湯というのは、江戸時代から続く伝統的な商売であり日本文化。
そんな場で、あえて外国人との交流をしてみる。
そこで、外国の方には日本文化に触れてもらい、日本の文化を伝えたり、英会話をしてみたいですね。

田村
日本の文化である”銭湯”という場所での異文化交流ということですね。
教える側も、教わる側もメリットがありそうですね!

山口
そこで、一人のお風呂好き外国人を作ってしまい、その方にお風呂の宣教師になってもらう!
日本の銭湯はすごいんだぞ!と、世界中に広めてもらう(笑)

田村
宣教師!!まるでザビエルですね!
日本文化を、日本の銭湯を世界に広げる宣教師になってもらえたらそれはすごい事ですね・・・!

vol3week2_3.png

やまぐち薬局

テーマは、相談できる「くすりやさん」。地域の人から”存在を期待されるお店”になりたいと考え、毎日工夫を重ねています。用事がなくても「ちょっと寄ってみようか」と、皆さんに思ってもらえることを願って・・・。
相談できる「くすり屋さん」やまぐち薬局

「クワイエット・タイム」プレゼントのお知らせ

「SAVE THE 銭湯!」の感想、銭湯の未来を創るアイデアをメール、
または「SAVE THE 銭湯!」FACEBOOKページに送って頂いた方から、
毎月抽選で3名さまに、都内の銭湯で使える入浴券をプレゼント致します!
どしどし、感想、意見、アイデアを送ってくださいませ!
お待ちしております!
宛先: presents@savethe1010.com

田村 祐一

田村 祐一SAVE THE 銭湯!主催者

投稿者プロフィール

1980年東京都大田区生まれ。
東京蒲田にある大田黒湯温泉第二日の出湯の四代目、銭湯の跡取りとして生まれ育つ。
大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職。26歳の時に取締役に就任。
2012年5月より創業の地である浅草にある銭湯、日の出湯のマネージャーとして銭湯経営再建に着手。
2012年11月、銭湯を日本の未来に残すプロジェクトの一環として銭湯の未来をつくるWEBマガジン『SAVE THE 銭湯!』を創刊。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

これまでのSAVETHE銭湯!

  1. 2015-8-17

    日本に銭湯を残したい。SAVE THE 銭湯!を始めた理由

    銭湯を残さないといけない。 ぼくと初五郎爺ちゃんの出会いは、 妻のご家族に結婚のお願…
  2. 中島明さん

    2013-7-3

    学校じゃ教えてくれない「入浴道!」

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイ…
  3. 中野量太監督インタビュー

    2016-10-12

    どうしても銭湯を再開させたかった。~湯を沸かすほどの熱い愛~

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイター…
  4. hinodeyouTシャツ

    2016-10-5

    銭湯は街の司令塔!?

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイター…
  5. すごはんまっす~

    2013-8-21

    心配ご無用銭湯!?

    「SAVE THE 銭湯!」 とは? このWEBマガジンは各業界の先頭集団といえるクリエイ…
ページ上部へ戻る